お墓の購入は慎重に行うようにしましょう

葬儀社に相談する

準備をスムーズに行うには

大切な方が亡くなると、悲しむ間もなくお通夜・お葬式の準備に追われます。病院で亡くなられる方が多いのですが、病院から自宅あるいは斎場までの移送から葬儀社にお願いすることになります。この段階で葬儀社が決まっていない場合は、病院に出入りする業者に依頼します。とりあえず移送だけ、というケースもありますし、そのまま通夜・葬式もその出入り業者になんとなく任せることになったというケースも少なくありません。 必ずしも出入り業者に依頼することが悪いというわけではありません。しかし、事前に葬儀社を調べ、納得して依頼した方が準備そのものもスムーズです。 地域によって数は異なりますが、お住まいの地域で利用可能な葬儀社がいくつかあるケースがほとんどです。葬儀社には亡くなられる前でも相談が可能ですので、予算や葬儀の形式などの相談をし、安心して任せられるところを選んでおくとよいでしょう。ご自身がお葬式について考えるよい機会にもなりますので、知識があるという点でも準備はスムーズに運びます。

葬儀社選びのポイントについて

葬儀社を選んでおくだけでも、通夜・葬式の準備はスムーズに進みます。それは選ぶ過程である程度の信頼関係があることと、ご自身に知識や心積もりができるからでもあります。一方で、葬儀社は何を基準に選ぶべきかと疑問を抱く方も多いものです。 多くの方が重視されるのが、お葬式の費用です。葬儀社によって葬式プランが異なるため、費用にも差が出ます。近年ではできるだけ安く抑えたい、費用が出せないという遺族も多く、格安での葬式プランを持つところも増えています。地域によって風習が違うため一概には言えませんが、全国的に100万円から150万円程度に抑える方が多いようです。一方で先述したような格安プランでは、十数万円でもお葬式は可能です。格安プランの多くは家族葬や密葬など小規模でのお葬式が多く、香典があてにできない分全額実費負担となる場合がほとんどです。