お墓の購入は慎重に行うようにしましょう

香典返しを送る

香典返しは、一般的に四十九日の忌明け法要を終えた後に渡す品物のことを言います それぞれの宗教の違いもありますが、神式では五十日祭、キリスト教では 召天記念日を目安に贈るとされています。 香典返しの品物でも色々ありまして、贈る商品にも意味がありますので、 その時々の状況に合わせてお選び頂きまして、贈られるといいようです。 香典返しで一番多いのがお茶です。 お茶は、お茶を飲んで故人を偲ぶという事で、幅広く用いられております。 砂糖も多く使われておりまして、白装束で旅立つという事から、白砂糖が用いられて おります。 また、不幸を洗い流すという意味で、石鹸や洗剤も喜ばれております。 香典返しも様々な意味がありますので、その時々の状況に合わせて贈られると いいです。

香典返しの価格の相場は、贈られる品物にもよります。 また、贈る相手の方にも考慮しなければなりませんので、はっきりとした金額では ありませんが、大体平均的な相場としまして、頂いた金額の半額が最も多く、 10,000円の場合ですと、5,000円相当の品物をご用意するところが多いようです。 大体2,000円から3,000円が平均的な価格の相場となります。 また、身内や親せきなどから、高額のお金を頂いた場合は、半返しをする必要はなく ありがたく受け取っておくほうがいいようです。 葬儀に参列された方はご存じだと思いますが、当日お返しするハンカチなどは、 会葬御礼品で、香典返しではありませんので、香典返しとは別に予算を考えないと いけませんので、注意が必要です。