お墓の購入は慎重に行うようにしましょう

葬儀時のマナー

葬儀で気をつけたいマナー

葬儀のときに気をつけなけばならないのがマナーです。通夜、葬儀、告別式では喪服を着て行くのがマナーです。昔は通夜に喪服を着て行くのは不幸を予測していたようなイメージがあるためタブーと言われていました。しかし、今は葬儀や告別式よりも時間的に都合がつきやすい通夜に参列する人が増えたため、喪服を着て行っても失礼にはあたらなくなっています。 しかし、地方によっては今だ通夜に喪服を着て行くのがタブーな所もあるので注意が必要です。また、参列する際の言葉使いも大事です。気を付けたいのが二重言葉です。「くれぐれも」「たびたび」など、繰り返しの言葉は不幸の連鎖をイメージさせるので禁句です。また、遺族に対して死因を聞いたりするのもタブーとなります。

関東と関西で違う習慣

葬儀は地方によって大きく習慣が違います。例えば関東と関西でも違う点があります。関東ではお通夜の終わりに食事を食べたりお酒を飲んだりする「通夜ぶるまい」という儀式があります。通夜ぶるまいは通夜に参列したら必ず参加しなければならないものです。しかし、関西方面では通夜の終わりに食事を食べる習慣はありますが、あくまでも遺族や関係者だけで、一般の参列者は参加しないのが常識です。 また、関東方面では常識である「香典」も、関西方面では廃止している地域が多くなっています。香典をなくすことで香典返しを準備する手間が省けるという考え方が普及しているためです。葬儀に参列することになったら、必ずその地域の習慣を調べてから行くことをお勧めします。