お墓の購入は慎重に行うようにしましょう

複数の人が入るお墓

居住地近くでお墓を購入する人が多くなっています

 昔は、生まれてから死ぬまでの間、ずっと同じ地域に住み続ける人がたくさんいました。親族郎党が皆狭い地域に集まって住んでいるケースが多かったので、居住地の近くに先祖代々の霊を祀るお墓を建て、身内の誰かが墓守をしているのが当たり前のようになっていました。しかし、進学や就職などをきっかけに実家から遠く離れた場所で暮らすようになる人が多い現代では、先祖代々のお墓を維持し続けることが簡単なことではなくなってきています。たとえ先祖代々のお墓を持っていたとしても、日帰りでは行けないような場所にあると、気軽にお参りすることもできません。放ったらかしにして荒れさせてしまう可能性が高いため、先祖代々のお墓とは別に、居住地の近くに個人墓や夫婦墓を購入するケースが多くなってきています。

お墓の購入にかかる費用について

 自宅から行きやすい場所にある霊園や墓所に、夫婦墓や個人墓を購入する人が多くなってきています。その際に気になってくるのがお墓の購入費ですが、お墓の値段はピンからキリまでとなっていますので、相場額のようなものを述べることはできません。ごく大雑把なことを言うと、個人墓を購入する場合よりも夫婦墓を購入する場合の方が、値段が高くなっています。霊園によって料金設定が異なっているため一概に言うことはできませんが、何柱の遺骨を納骨するかによって料金が変わるシステムになっているケースが多いです。個人墓には1柱しか納骨しませんが、夫婦墓には2柱納骨することになりますので、高めの料金設定になっています。ただし、正確な費用を知りたいのであれば、個別に問い合わせをしてみるしかありません。